目元のクマの原因や種類!なくす方法はアイクリームが効果的?

 

せっかくきれいにメイクしても目の下にクマが。

 

メイクでは隠せず、これではなんだか気分もどんよりしてしまいますね。

 

年齢を重ねるにつれて目立ってくる目元のクマ。

 

若い頃より取れにくくなる女性の天敵ですが、実はクマについてよく知らずに過ごしてきたように思います。

そもそもクマってなんなの?

なくすのに一番いい方法は何?

巷でよく売られているアイクリームは効くの?

などなど疑問が尽きないので今回は気になる目元のクマに関する

目元のクマの原因や種類!なくす方法はアイクリームが効果的?

について情報をシェアしたいと思います!

 

目元のクマの原因や種類は?

 

目元のクマは血行不良の青グマ・色素沈着の茶グマ・たるみの黒グマ!

 

一口にクマといっても、色々な種類があります。

 

以下にクマの種類と原因を挙げてみます。

 

青グマ:血行不良が原因。引っ張るとクマが薄くなる。血行改善が必要。

茶グマ:色素沈着が原因。触っても薄くならない。メラニン対策が必要。

 黒グマ:たるみが原因。上を向くとクマが薄くなる。弾力アップが必要。

 

よく若い頃に徹夜したらクマが出たという人もいるでしょうが、その場合は青グマですね。

 

睡眠不足や疲労が蓄積すると血行が悪くなり、肌細胞が酸素不足・栄養不足になるので血液中のヘモグロビンが黒くなり透けて見えるものです。

 

目元の肌は薄いので、こうしたちょっとのトラブルがクマとして肌をわかりやすく暗く見せてしまいます。

 

他に青グマはストレスや目の酷使で脳に疲れがたまり、顔よりも脳への血行が優先されることで起こります。

 

また茶グマは紫外線だけでなく乾燥によるメラニンの増加、アイメイクの刺激による色素沈着も影響しています。

 

そして目立って厄介な黒グマは、クマというより目の周りの表情筋が衰えたるんだ影が見えています。

 

なぜたるむかというと、皮膚の下に蓄えられていたコラーゲンやヒアルロン酸が老化で減少し、ハリがなくなり凹んでたるみができるのです。

 

更に眼球を支えていたじん帯がゆるみ目の周りの筋力も弱まり眼球の重さで目の周りの脂肪が押し出されて下瞼の下の辺りも膨らみ影ができます

 

黒グマはこうしてたるみの箇所が増えると一緒にふえていきます。

 

青グマ・茶グマも嫌ですが、黒グマ、恐ろしいですね!

 

目元のクマをなくす方法は?

 

◇血行改善・目元のエクササイズ・潤いの補給が大切!

 

目元にクマができてしまった場合のなくし方は、まずは血行をよくすることが大事です。

睡眠をしっかりとり、疲れをとること。

スマホから目を離し休ませるのも大事です。

目元を軽く指で目頭から目尻、こめかみまで押してマッサージする、目元をホットタオルなどで暖めるなどで血行を良くすること。

 

バランスの良い食事で栄養補給すること。

 

たるみによるクマを防ぐため、老化で弱りやすい目元の筋肉を鍛える目元エクササイズを行うこと。

 

特にこの目元のエクササイズは黒グマのたるみがかなり改善しますからおすすめです(目を閉じで眉を引き上げる、パっと目を見開く、などネットでも紹介されています)。

 

目元の筋肉も、若さを保つには筋トレが必要なんですね!

 

そしてコラーゲンやヒアルロン酸などハリ・弾力をキープする成分を補給し、潤いを保つ成分で乾燥を防ぐことが大切です。

 

目元のクマにアイクリームが効果的?

 

◇潤いを与えハリや弾力を助けるアイクリームはクマに効果的!

 

ここで先ほど挙げたようなクマをなくす方法の中で唯一自力では難しいのが「ハリ・弾力・潤いを保つ成分の補給」です。

 

ここで助けになるのがアイクリーム

 

年齢によって失われ方が大きくなっている成分を補給してくれます。

 

高価なものが多い中、お手軽な価格で1本で目元の悩みをトータルに改善してくれると評判なのがメモリッチ

 

 

  • 水分を保ち乾燥を防ぐセラミド3種・肌再生を促すペプチド5種を独自時配合した成分アイキシル。
  • そしてハリ弾力を生むビタミンC誘導体・キメを整えるビタミンE誘導体が含まれています。

 

あなたの目もとをしっかりケアしてくれるメモリッチの購入検討はこちらより↓

 

メモリッチ

 

更に目元の血行を促進するビタミンKは欧米ではクマの治療で医療用として使われるほどクマに効く成分ですから、これももちろん入っています。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンも含め、目元のケアに特化してベストバランスの配合になっていますよ。

 

まとめとして

クマにも様々な原因が関係していることが分かりました。

 

クマなんて、疲れがとれればなくなるよ、といっていた青春時代とは違った対策が歳を重ねてのクマには必要なんですね。

 

自分でできる休息や暖め、エクササイズをしてもダメなら、アイクリームの力も借りて是非若々しい目元を取り戻したいものです。

 

手に取りやすい価格のメモリッチ、是非試してみてはいかがでしょうか。

 

あなたの気になる目もと対策になるメモリッチの更なる情報はこちらより↓

メモリッチ(アイクリーム)の口コミや効果をチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です